シミそばかすの原因となるのが紫外線ですが、紫外線を浴びる事によってメラニンの生成が活発に行われて紫外線を肌の奥に入れない様に働きかける大切な役割を果たしてくれています。

身体の健康面を考えれば紫外線から守ってくれている点に関してはとても重要な役割を果たしてくれているのですが美容面に関してはやはりメラニンを減らすことが年々気になるシミやそばかす、更にはシワ対策としては有効な方法だとも言えます。

そんな中、充分な紫外線対策をするのは基本でもありますがメラニンをうまく減らす方法として食べ物も重要な要素となります。

今回メラニンを減らすための食べ物やメラニンの基礎的知識までをご紹介させて頂きたいと思います。

メラニンを減らす食べ物をご紹介

シミそばかすが出る前や増やさない為ににまず、充分な対策を行う事により予防や改善が見込めます。

それは普段のUVケアやアフターケアももちろん大切ですが食べ物でメラニン生成を抑える働きもあります。

まず初めにご紹介させて頂くのがメラニンを身体から排出させる食べ物をご紹介したいと思います。

たんぱく質

人間の身体を作るのに絶対に欠かせれない成分「たんぱく質」です。

美白効果のあるビタミンC等を摂取してもまず、根本的な基礎となるたんぱく質がしっかり摂れていないと意味がありません。

まず、始めに基礎であるたんぱく質摂取を心がけましょう。

ビタミンC

美容、美白効果の代表的な栄養素でもあるビタミンCは欠かせれない成分です。

日焼けをしてしまった緊急事態でも優先的に摂取したいのも、勿論ビタミンCです。

食べ物の中で豊富に含まれているビタミンCの食べ物は果物だと、イチゴ・キウイが特におすすめです。

更に野菜だと緑黄色野菜で特にピーマンの一種パプリカやパセリ、ブロッコリー、ケール等がたくさんビタミンCが多く含まれています。

ビタミンE

抗酸化力があり、新陳代謝を高めてくれるのでメラニンを身体から排出してくれる働きがあるビタミンEにも大注目です。

ビタミンEはあ特にイワシや鮎、イクラやタラコに多く含まれています。

ビタミンEだけでなく、ビタミンCの栄養も豊富なのでおすすめです。

知らないと損をするメラニンの基礎知識!

身体の健康面で必要なメラニン色素は肌の色だけでなく、目や髪の毛の色を作ってくれる大切な役割を果たしてくれる存在です。

しかし、美容の事を考えるとシミやそばかすシワ等に悪影響を及ぼす存在でもあるのでやはり極力、肌に紫外線を浴びない様にしたいのも事実です。

特に老化によってメラニンを嫌煙する事で白髪になってしまう可能性も避けたいのでメラニンを減らす事ばかりを重点的にするのも問題点となります。

メラニンを抑えるのは肌だけであって、白髪防止をして髪の毛だけしっかりメラニン色素を作って欲しい!そんなわがままって叶うのでしょうか?

チロシンの栄養で白髪予防をする

食べ物の栄養はとても大切な役割を果たしてくれます。

わがままな願望として、お肌だけメラニン生成を防いで白髪にならないように髪の毛には存分にメラニンを増やしたい方は注目です。

チロシンというアミノ酸は不足すると白髪が増えやすくなり、逆を言えばチロシンをたくさん補う事で白髪予防ともなります。

チロシンを多く補う食べ物は大豆やチーズやアーモンド、魚の赤身が多く含まれています。

1日50mg~200mgを目安に摂取すれば白髪予防になります。

ごく手軽に摂取したい方はサプリメントで補う事も出来ます。