お肌トラブルの悩みの上位に上がるのが「シミ」ですが、シミを消すのにいろんなケアを試してみたことがあるという女性は多いではないでしょうか。

今は年だからシミが出来るのではなく20代や若い人にもシミが出来たりもするんです。

お顔にシミが出来ると年齢よりも10歳老けて見られるとも言われています。
絶対嫌ですよね。

だからと言って、どうやってシミを消すことが出来るんでしょう?。
シミを消す方法を知っておくと、今出来ていなかったとしてもいざシミが出来た時に役立ちます!
シミで悩まない為に、しっかりシミを消す方法を知っておきましょう。

シミはどうやってできるの?

まずシミを消す方法の前に、シミはどのように出来るのかメカニズムを理解していきましょう。
シミは、紫外線、睡眠不足、ストレス、生理不順、ホルモンバランスの乱れなどいろんな原因が考えられます。

なので人によってこれとは一概に言う事は出来ません。
この様に様々な影響によりお肌のターンオーバーの通常28日の周期が、どんどんと遅くなっていきメラニン色素が、残ったままになってしまうんです。
そのメラニン色素がさらに刺激を受け続け色素が濃くなりシミとしてお肌の上に現れてしまうという事メカニズムなんです。
濃くなる前に早い段階で、しっかりシミのケアをする必要があります。

シミを消すには

ではどのようなケアをしたらシミを消すことが出来るのでしょうか?
シミを消す方法はいくつかありますので、ひとつずつ見ていきましょう。

食事でシミを消そう

抗酸化作用のある食べ物を摂取することが大事になってきます。
人参、キャベツ、バナナ、グレープフルーツ、いちご、緑茶、柿、ラズベリーなどがあげられます。

抗酸化作用によってメラニン色素を濃くなることを防ぐ事が出来ます。
そして新陳代謝をあげて乱れたターンオーバーを戻すことが期待できます。

スキンケアでシミを消そう

毎日必ずするスキンケアですが、間違った方法でしていると自分でシミをつくってしまったりもします。
まずは刺激を出来るだけ肌に与えないようにしましょう。

洗顔をゴシゴシしていませんか?固くなってしまった古いタオルを使っていたり、タオルも洗顔と同様ゴシゴシト拭いていませんか?

1回だけなら問題はないですが毎日1日最低朝晩の2回していると、1年と考えただけでもかなりお肌を傷めつけてしまっています。
刺激を防ぐ事でメラニンを濃くすることも防ぐ事が出来き、予防にもなります。

化粧品でシミを消そう

いろんなメーカーからシミを消す化粧品はたくさん売られています。
購入の時成分に注目してみましょう。

「ハイドロキノン」は皮膚科でもよく処方されるものでもあり、酸化やメラニンの生成を抑制してくれる効果があります。
「Lレスチン」も抗酸化作用がありメラニンの生成を抑制してくれます。
両方ともが特に、シミにとても効果があると言われていまよ。

皮膚科やクリニックでシワを消そう

皮膚科などでケアをすると、今までお話したものよりもより早く確実にシミを消すことができるでしょう。

ですが、もちろん費用や通う時間と言うのがデメリットでもあると思います。
薬だけを処方してもらう場合や、レーザーなどで治療する方法もありますよ。

まとめ

気になるシミは早くどうにかしたいですよね。
シミが出来てすぐに上記であげたようなケアをすれば消える可能性はあります。

ですが、長年の濃いシミは皮膚科などで治療する方が確実にシミを消すことが出来るでしょう。
シミが出来てしまって慌ててケアをするより、シミが出来ないようにできる前から予防をして歳をとってもシミが出来にくいお肌を今から作り上げましょう。